ナッツスパータエクストラ

月刊コミックフラッパーで「バッドビート!」連載中、漫画家・矢崎結子と渡辺アビの活動ブログ

そもそも月産30ページの漫画家は作画スタッフなんか雇用できねーというお話

はい。

note.mu

5日もすれば過去の話題でしょうけど今日は程よく元気なのでこの話題について噛み付いてみますね。雪も降ったしね。

ほんと読んでてモヤモヤしたのが後半にある

「月産30くらい一人で描けと言われたら密度を下げる」みたいなやつ。描けたら密度低い認定か。そもそも密度が漫画のメインの価値なのか。

 

で表題の件。

連載仕事した時アシストは外注でした。先方申告の時給計算で、就労タイミングは自由。依頼内容を投げて上がった内容をクラウドとかに置いといてもらうみたいな感じ。

支払ったギャラは月にトータル3-4万くらいじゃなかったかな。

搾取はしてないけど人ひとりは養えてない規模のお金です。

当該記事で割高って書かれてるけど、額面レベルで桁が違う。

もしかしてこれ、密度の低い仕事って解釈される?

 

でさ、このテキスト読んだんだけどさ、

家賃て何?

うんちゃら費って自称必要項目は何?

法…定?何とか費?

それ全部真面目に払ってるのですか?何に対して?

この交際接待って誰を何目的で接待してるの?

 

コンプライアンスとか大事な時代ですよね。

でもここに書かれてるのって一般企業とかにある項目を並行輸入してるだけよね。

この人もうお金ありすぎて過去のこと忘れてね?

 

そもそもデビューしたばっかで漫画描いてる奴とか、それを手伝ってくれる人とか、

仕事がある状況が継続することを自明だなんて感じられねーのですよ?

単価1万で月産30でも月収30とは呼べない。

仕事がない期間は月収0ですよ?(渡辺は現在0ですよ)

期間で均せば月収なんてどんどん減る。

そんな現実とか可能性を前に、どうしてその仮定の漫画家はスポットだと割高だからとか言って常勤の作画スタッフなんか雇っちゃって、何者かを接待したり福利厚生を手厚くしたりしちゃったんですか?

計算の前提が非現実でしょ、それ。

その人は控えめに言って低脳なのか、あるいは自分の仕事が絶対に切れない確信があるわけよね。だったらその枠で話しといて。漫画家の一般論みたいに言わないで。

 

仕事だと考えればこういうことが必要、それはわかる。

やりがい搾取にならないようにケアするべきことがある、それはわかる。

原稿料交渉含め、業界の底辺にお金が流れるようにするべき、それはわかる。

 

おかしいな、わたなべはこの人が待遇良くなるべきだって言ってる枠のどセンターにいてもおかしくないのに、なんでこんなに不快なんだろう。

多分こういう言葉だったら、同じ内容でも穏やかに見ていられたと思う。

 

月産30ページの漫画家が常勤の作画スタッフを置けるような業界にしていこうな

 

ワタナベアビはFlameが嫌いです。

 

バッドビート2巻リリース記念半額セール中です!!!

ご無沙汰しておりますワタナベアビです。

今日はいつもより!を多めに記述させていただきたく存じます。

 

 

そんなわけでナッツスパータの16話を公開しました!

さらに!!

Kindleでバッドビートの完結編も公開です!!!!!

バッドビート! 2: 〜辻堂真夏のポーカー戦線〜

バッドビート! 2: 〜辻堂真夏のポーカー戦線〜

 

こちら、1巻よりお安い500円なのですが、初めてKindleでダイレクトにパブリッシュする記念で、

6月30日まで!

なんと半額の249円で!!

販売中です!!!!!

 

だいたい作り方がわかったのでやるやる言っててやっていなかったナッツスパータのKDP計画も進めようと思っていて、その一環として

 

完全版ナッツスパータ連続ツイート!!!!!

 

を始めます!

こちら、ハッシュタグつけて1日1ページずつ完成原稿を放流するという内容になっておりまして、これを機に色んな人にナッツスパータを見てもらえればなあと思います。

 

 

 

1週間以内に本屋で買ってくれないと重版されないを脅しと捉える人は最初から読者じゃないから気にしないでいいと思う

最初はこういうのも正論の一つだと考えていたワタナベアビです。

aoshimabooks.com

やっぱりせっかくの読者さんに嫌がられるかもしれないのって嫌じゃないですか。

だから自分の本が出た時は、あまりそういうの出さないようにしてたんですけど。

ただ、このエントリ読んで、気にする必要全くなかったなと考え直しました。

 

理由1:消極的な意思である

消極的な意思に過ぎないならば気にすることはない。

そもそも表に出ないのを消極的な意思と捉えるならば、初動が動かないと今後の展開がない点を表明しない行為もまたそれを是とする消極的な意思であることになり、案の定気に留められることがない。

 

理由2:断末魔の安売りというけど著者にとっては一度の断末魔だ

多くの場面でその種の文言を目にするようになったというのは著者の発言する場が増えた点と認知バイアスによるもの。

著者の視点に立てば、良くて年に一度あるかないかという種類の発言であり別段安売りではない。

 

理由3:この種のことを大声で言う人は基本的に読者じゃない

カテゴリAを本が出てるのを知っていて買った人

カテゴリBを本が出てるのを知っていて買わなかった人

カテゴリCを本が出てるのを知らなくて買った人

カテゴリDを本が出てるのを知らなくて買ってない人

とする。

こうした告知はA以外の人に向けられたもので、Bのうち「今じゃなくていいや」層やD全般に向けられている。Cはよくわからないけどありがたい人で神かもしれないが、例外的なので除外して考える。

Bの「今じゃなくていいや」層以外はその本を面白いと思っていない可能性が高く、最初から読者になることが期待できないので、多少の言動で嫌がられても損はない。

ではDはどうだろう。

その本に特定の思い入れを持たず、かつ内容が可視化されていれば、それは一言多い販促メッセージに過ぎないように思える。少なくともわたなべなら面白ければ「もったいないな」と思って買うので気にする必要は100%ない(n=1)

 

タイトルにも書いたけど「1週間以内に(以下略)」って聞いて脅しだと思うとしたら、利他的行動に敏感過ぎな反応に見える。

なので世の中の著者の方々は、こうしたセンシティブな言葉に負けず積極的に情報を発信していけばいいじゃないと感じました。

 

ただ最後に付け加えると、「1週間以内に(以下略)」は販促にほとんど役立たないとは思ってます。

理由は、1週間そこそこで市場にインパクト与えられるような販促ができるわけないから。

なのでこのような気構えが必要だなと思います。

f:id:abinosuke:20170116222450j:plain

 

 

 

 

【急募】敗北が知りたい

突然ですけどイベント?をすることになったので、ぜひ来て欲しい渡辺アビです。

具体的にはライブポーカーで渡辺アビを負かせて見せて欲しい。「敗北が知りたい」というやつです!!!

 

詳細はこちら。

seichipokers.com

 

来週28日金曜の19時より、下北沢のJELLY JELLY CAFEにて行われます。

トークイベントとかむっちゃ柄にもないのでもう俎板の鯉めいた感じですけど、メインはその後のポーカートーナメントです!

実は渡辺アビはライブポーカーってほとんどしたことないんですよね。

なので勝利も知らない代わりに敗北も知らない渡辺アビに、勝利なり敗北なりを教えてくださる参加者の皆さまを熱烈募集中なのです!!

知ったような漫画を描いてるヤツがどの程度の実力なのかとか、漫画は見たけどトーナメントというのはまだよくわからないやとか、いろんなタイプの方がいると思いますが、どちらの皆さまにも楽しんでいただければ幸いです。

 

参戦表明はココから。

boardgamershigh.com

 

どうぞ宜しくお願い致します!!